アジアカップ2019



サッカー日本代表 アジアカップ2019 ウズベキスタン戦のマッチレビュー『やって』みた。

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。昨日はアジアカップの予選3戦目。

2試合共に勝利したため、決勝トーナメント進出は決定している日本代表。見事に逆転勝利で1位通過となり、決勝トーナメントに追い風となりました。

ちなみに1戦目と2戦目のマッチレビューはコチラ↓

決勝リーグでの戦いに備えて、レギュラー組を休ませておきたい森保監督。スタメンを見てちょっとビックリしました。

GK シュミット・ダニエル
DF 佐々木翔 槙野智章 三浦弦太 室谷成
MF 乾貴士 塩谷司 青山敏弘 伊東純也
FW 武藤嘉紀 北川航也

武藤のワントップで北川がトップ下(1.5列目)といったスタメン。

なんと前回の試合から10人を変えて来たんです(北川以外)。いつもの日本代表なら、控え組はあくまで控え。試合に出ないまま日本に帰って来るせんしゅが1人2人いるのが当たり前です。

森保監督・・・試合捨てすぎ・・・と正直思いました。

それではマッチレビューしていきたいと思います。
【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

前半

今までの2試合と違う所は、相手チームが序盤から引いてこなかった所。試合開始から拮抗した展開になります。

まずは左からとばかりに乾・佐々木のラインで試合を作っていきます。

ボランチに司令塔を置くという、いつもの日本のスタイルはJリーグ各チームでも多く使われる戦略なので、招集された選手たちも受け入れやすいのかもしれません。

それが前回の場合は柴崎が、今回は青山が勤めます。

個人的に試合勘という意味では、柴崎より青山がいいと思っていましたが他の海外組の多くをハンドリングしていくには、Jリーガーより同じ海外組という事だと思われます。

大半が控え組ですので、要所要所でコンビネーションの乱れやマーク交換の乱れが目立ちます。

高い位置でのプレスは出来ているものの(これは森保ジャパンでの約束事なんでしょう)、比較的に中心に寄る傾向が見られます。

監督もそこに気づいてサイドを広く使うようにと指示を出しますが、左サイドに展開している時は右への対応が若干遅れ、右の時には左への対応が・・・というのが気になりました。

前線の武藤も積極的に守備に戻ります。これくらいスタメンへのアピールをしれくれると、逆に気持ちいいプレイに見えます。

試合が動いたのは前半40分

日本の左サイドがあっさり破られます。縦パスに反応したウズベキスタンのFWが一気にスピードを上げてゴールに迫ります。

槙野が出遅れた分、三浦が戻り2対1ではあるものの、スピードに乗った相手に成す術もなくそのまま先制を許してしまいます。

ちょっとしたコンビネーションのズレが失点を招いてしまいました。

やはり控えは控えか・・・と思ったその2分後でした。右サイドバックの室谷が粘りに粘って深い位置からセンタリングをあげます。

そのボールにニアで北川がおとりになり、武藤がドンピシャヘッドで同点に追いついて前半終了。

室谷はリオオリンピックの時から注目していましたが、ここでようやく存在感を出してきました。

ボクとしては酒井よりもテクニックがあると思っています。こういう選手が育ってくれると日本の未来も明るいですね~。



後半

ウズベキスタンもグループ1位通過を狙い攻勢に出ます。スキを見ては素早いカウンターをしかける展開。油断はできません。

ハーフタイムで森保監督から指示があったのか、前半とは違い右の伊東からの攻めが多くなります。

カウンターを防いでは更にカウンターを返すという“カウンター合戦”の様相を呈してきます。

こう着するかに思われた12分、ウズベキスタンの選手がゴール前でうずくまる一瞬、ゴール右わきがガラ空きになります。

それを見逃さなかったボランチの塩谷が、こぼれたボールをミドルシュート!

無回転のボールは一直線にゴールに突き刺さります。

その直前の日本の連続シュートに警戒したウズベキスタンが引き気味になる中の得点でした。

ここで森保監督の人選の意味が分かりました。レギュラー組と控え組、通常の選手選びでは当たり前に行われていた事が今回は行われていなかった。つまりレギュラー組を2チーム組める人選を行って来たんだなと。

前半スタート時に合っていなかったコンビネーションも、後半のこのタイミングではしっかりと出来上がり、見ていて不安のない展開になりつつあります。

25分を過ぎたあたりになると、ウズベキスタンの足も止まってきます。

そして34分に乾に変えて原口を投入。森保監督はさらに追加点を狙って走れる原口を投入したかに感じましたが、その後武藤に変えて遠藤を入れて徐々にディフェンスを固めていきます。

このまま黙って敗戦を受け入れるウズベキスタンではありません。波状攻撃をしかけてきますが。危ないシーンもシュミットが好セーブ。アディショナルタイムになると北川に変えて富安を投入。

そのまま1点リードを守り切り、グループ1位通過を果たしました。
【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

まとめ

この試合で敗退して2位通過となっていると、決勝トーナメントの初戦はオーストラリアだったんですが、それならそれで面白かったかもしれません。

ただ1位通過したことで、オーストラリアと当たるよりは多少楽な展開で勝ち進める可能性も出てきました。

森保ジャパンは未だに黒星がついてません。このまま優勝まで勝ち進んでもらいたいですが、アジアはそんなに簡単に勝たせてはくれません。

ここから先は選手の疲労度との戦いもあります。疲れてくれば故障も増える恐れも出てきますが、その時に真価が問われるのが控え組。森保監督は日程のタイトなアジアカップを見通していたのかもしれません。

次の試合も勝ってくれることを信じて応援しましょう!!ガンバレ日本!



ピックアップ記事

  1. 『トイストーリー4』レビュー 4作目でも「素晴らしかった」と思ったあらすじや感想…
  2. 30代・40代のお父さん必見!『Mr.インクレディブル』シリーズは家族の在り方を…
  3. O型女子と結婚してホントに良かったと思う点と注意点をお伝えします。
  4. 今日から朝型人間に!すぐに実践できる早起きのコツ
  5. サッカー日本代表 キリンチャレンジカップ2019 3/22・3/26メンバー発表…

関連記事

  1. サッカーコートの角
  2. アジアカップ2019

    サッカー日本代表 アジアカップ2019 イラン戦のマッチレビュー『やって』みた。

    こんにちは。聖一朗(sei01row)です。熱戦の続くアジアカップも準…

  3. サッカーコートの角

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私の奥様のブログです!

よろしくお願いします!

お問合せはコチラ

PAGE TOP