桜ですよね

I LOVE 千葉



ソメイヨシノ開花直前!千葉のオススメお花見スポットを5つ紹介します!

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です!ボクは寒いのが苦手ですが、だんだん暖かくなってきましたね。

春の足音が段々と大きくなってくると、楽しみなのがソメイヨシノですね!

近所の小学校やちょっとした公園にも桜の木が植えられているくらい、日本人は桜が大好き!ボクも桜、特にソメイヨシノの淡いピンク色が好きです。

今回は数あるスポットの中でも、ボクが行った事がある千葉県内のお花見の名所を5ヶ所紹介していきたいと思います。

その1 亥鼻公園(いのはなこうえん)

千葉でお花見定番といえば、やっぱり千葉城。(写真は観光協会HPより引用)

亥鼻公園ですね。ここはソメイヨシノが約90本と少なめですが、夜はライトアップされるので、お城と夜桜というシチュエーションで楽しむことが出来ます。

ただお花見スポットなので、シートを広げてワイワイとお酒を飲んでいる方々も多いので、静かに見物したいという方にはちょっと興ざめかもしれません。

アクセスはJR本千葉駅か千葉都市モノレールの県庁前から歩いていけます。ちょっと高台にあるので運動にもなりますよ笑

その2 千葉公園

こちらも千葉市内では定番中の定番スポットです。(写真は観光協会HPより)

約470本のソメイヨシノが咲き乱れる公園で、中には綿打池という池があってボートに乗る事が出来ます。

歩きながらの桜もいいですが、ボートに乗って水面に映る桜も楽しめる場所って千葉には少ないです。

少し散り始めた頃に行くと、写真のような光景も見られるかも。

アクセスはJR千葉駅北口より徒歩か、千葉都市モノレールの千葉公園駅です。

千葉競輪場と隣接しているので混雑する事もあります。行く時には競輪の開催日をチェックしてください。





その3 海老川ジョギングロード

船橋にある海老川沿いのお花見スポットです。(写真は観光協会HPより引用)

休日になると屋台が並んでごった返す、お花見スポットです。

ここはシートを広げている方々も多いですが、どちらかというと散歩をしながら楽しむスタイルがおすすめです。

何といってもジョギングロードですから。

佐倉は約500本と見ごたえがあります。千葉公園と同じく散り際には川が花びらで覆われる所も楽しむことができます。

ただ駅から遠く、駐車場も無い(無かったと思います)為アクセスが良くないです。

行ってみたいという方は、バスかタクシーの利用で。

その4 常盤平さくら通り

日本街路樹100景にも選ばれている通称「桜のトンネル」と呼ばれている通りです。(写真は観光協会HPより引用)

全長は約2.2㎞、約600本の桜が続く道です。

新京成線八柱駅から常盤平駅を経て、五香駅まで続くこの道は線路と並行して走っていて、確かにトンネルのように桜が連なってます。

シートを敷いてお花見をする場所ではないので、ここも歩いて楽しむスポットです。

途中にはカフェなどもあるので、ちょっと休憩をはさみながらパートナーやお友達と歩くのもいいですよね。

こちらも駐車場が少ないので、電車で行く事をお勧めします。

その5 佐倉城址公園

以前紹介した国立歴史民俗博物館がある公園です。

ここには桜の見どころがいくつかあって、佐倉城の本丸跡・歴博前・お濠(おほり)沿いなど、様々な桜景色が楽しめます。(写真は観光協会HPより)

本丸跡と歴博は近いんですが高台にあり、お濠沿いはちょっと距離があります。

駐車場は十分にあるので、車で行くのもいいんですが天気がいい日などはレンタサイクルもオススメです。

通常の自転車なら1日借りて500円、電動自転車なら1,000円で借りられます。

高台に行くことを考えれば、電動の方がいいですね。お濠沿いの桜を見ながらサイクリングはきっと気持ちがいいと思いますよ!

まとめ

日本の春といえば、やっぱり桜。皆さんも桜を見ると「春だな」と感じるという人も多いと思います。

桜の名所は各地にあり、この時期の桜見物はここに行く!と決めている人もいるんじゃないでしょうか?

景色が変わると表情を変えるのも桜の良い所。

この春は是非いつもと違う桜の表情を見に出かけてみませんか?



 

関連記事

よくばりWi-Fi

ピックアップ記事

  1. Google for Jobsがついにスタート!求人業界が大きく変わるかも?載せ…
  2. 人気バイトランキング1位!スターバックスで働く大学生(息子)にインタビュー!
  3. PageSpeed Insightsで表示速度が最悪。初心者なので3つのプラグイ…
  4. 正月飾り、『やって』ますか?正月飾りの意味と決まり事をまとめてみました。
  5. 【Amazonで見つけた】1,000円前後なら絶対に手に入れたくなるアイテム10…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私の奥様のブログです!

よろしくお願いします!

お問合せはコチラ

PAGE TOP