キーボードをたたく

採用と働き方



フリーランスか?会社員か?メリットデメリットを考える。

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。ごく普通の会社員を20年以上やってます。

ブログを始めるのと、ほぼ同時にツイッターもはじめたんですが、お陰様でボクをフォローして下さる方もだんだん増えて来ました。

フォロワーの皆様、今後ともよろしくお願い致します!

そのフォロワーさんの中で、とても嬉しい事に息子と同年代の方々も複数いらっしゃるんですが、ブロガー繋がりだからなのか、フリーランスを目指している方が多いような気がします。

現在の大学3年生だとそろそろ就職活動も本番になってくる中、今回はフリーランスと会社員のメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

初めに…

冒頭にも書きましたが、ボクは会社員を20年以上やってます。

ですが、フリーランスという働き方をした事がありません。

でも会社員の目線から見てもフリーランスで働くというのは、ある種『憧れ』のようなものもあるんです。

「それならフリーランスになればいいじゃん!」というご意見も飛んで来そうですが、会社員である事の良さも確かにあるんですね。

ですので、どちらが良いとか悪いとかは読んで頂いた方に委ねたいと思います。



フリーランスのメリットは?

時間も休みも自由

会社で働いていて、時々平日休みたい時があるんですが、有給休暇があるとしても、他の人に迷惑がかかると思うとちょっと気が引けます。

その点フリーランスはスケジュール管理も自分で行える為、平日だろうがなんだろうが休みたい時は休めますね。

それに勤務時間も自由。昼間仮眠を取ってから仕事なんていう事も可能です。

ボクはサッカー日本代表を応援しているので、海外の試合でテレビ放送が真夜中の次の日の仕事は、とても辛いです。

だからこれは会社員からすると、とても羨ましいポイントです。

人(客)や仕事を選ぶ事が出来る

フリーランスはそんなに甘くない!と怒られるかも知れませんが、本当に心の底から嫌なものは断る事が出来るでしょう。

それに上司がいないというのも良いですね。上司も選べないですから…。

稼いだお金は全部自分のもの

頑張り次第で大きな収入を得られるのもメリットですね。某有名ブロガーさんは、年収が“億”を越えてる人もいますからね。

会社員なら、どんなに大きな仕事をしても“億”なんてのは夢でも届きません。

フリーランスのメリットとして、代表的なものはこれくらいでしょうか?

【PR】日本初の退職代行サービス「EXIT」で退職しよう

ではフリーランスのデメリットは?

収入が約束されてない。不安定。

仕事がバンバン入ってくればいいですが、仕事が無ければ収入もゼロ。入院クラスのケガや病気になったら、その期間は無収入になってしまいます。

当然ですが、ボーナスや退職金だってありません。そうなると貯蓄が命ですね。むやみにお金を使う事も出来なくなるかもしれません。

来月の収入が保証されないというのは、かなりの恐怖です。安定とはかけ離れてますね。

何から何まで自分でこなさなければいけない。

スケジュール管理から経理関係、それから税金や国民健康保険などなど・・・。知識があるないに関わらず、すべてが自分の仕事となります。ボクのように数字が苦手だったりすると、それだけで苦痛ですね。

「お金の事なんて税理士に頼めばいいじゃん」と思うかもしれません。確かにそうですが、税理士に依頼するにもお金がかかります。莫大な収入があればそれもいいんでしょうが、最初のうちはやはり自分なのではないでしょうか。

意外と孤独なのかもしれない

人と関わるのが苦手だからフリーランスに・・・という考えの方も多いのではないでしょうか?ボクも“人”は苦手な方です。

でも例えば辛いことがあって、友達に悩みを相談しようと思っても友達がフリーランスでなければ気持ちはきっと分かってもらえません。

それにブロガーなどパソコンに向き合う仕事の場合も、もしかしたら1日ずっと一言もしゃべらないで過ぎていってしまう日もあるかもしれません。

右を向いても左を向いても誰もいない・・・そんな孤独な一面も覚悟する必要があるかも。

会社員のメリットは?

社会的な信用が得やすい。

会社に所属しているというだけで、例えば車や家を買う時のローンが組みやすいです。またマンションやアパートの契約もしやすいでしょう。そういった社会的な信用と言った部分が、会社員は得やすいです。

それに結婚や子供が出来たりした時なども、世間的にまだまだ会社員の方が信用度が高いでしょう。

収入が安定している

極端な話ですが会社員は会社に行っていれば、その日の給料がもらえます。仮に10日後が期限の仕事を任されたとして、5日間は何もしないで、あと5日で仕上げたとしてもちゃんと給料がもらえます。

特に公務員になったりすれば、高額な退職金がもらえますしボーナスだってもらえます。

但し、どんなに会社に貢献しても年収が“億”を超えることなんてありません。それでも毎月決まった額の収入があるというのは、一番のメリットですね。

会社という大きな傘に守られている安心感

会社では自分の給料の計算や税金や社会保険についてなどは、それぞれの部署が担当してやってくれますので、余計な事を考える必要はありません。

病気やケガの保障に対しても安心です。それに必要な資格であれば会社が取らせてくれたり、会社によっては福利厚生が充実していて、旅行などにも割引料金で行けるなんていうメリットもあります。

同期や同僚といった仲間がいる。

同じ時期に入社した人や年齢が近い人など仲間が作りやすいので、仕事に対しての悩みなども相談出来るというメリットも会社員だからです。

またその仲間のお蔭で良きライバルとして仕事に対してのモチベーションを高くキープする事も出来ます。

では会社員のデメリットはどんなところにあるでしょう?



会社員のデメリット

何年たっても上司がいる

平社員から係長・課長と昇進してきながら給料も増えていきますが、社長にならない限りいつも誰かの下で働く事になります。

良い上司に恵まれればいいですが上司は選べません。

部下に対しても同じことがいえます。常に気が合う人とばかり仕事が出来るわけではないので、かなり心に負担がかかります。

時間や勤務日に縛られる

朝は決まった時間に仕事に行って、帰りは決まった時間まで帰る事は出来ません(出来ますけど早退扱いになります)。

会社に仕事を任される責任がありますので、早出や残業だって時にはしなくてはいけません。

組織に所属する以上、その辺のルールは守る義務が発生します。

人(客)や仕事を選べない。

会社に仕事を任されれば、それが嫌な客でも一緒に働くメンバーと気が合わなくてもやらなくてはいけません。それに嫌いだからと言って横柄な態度は、会社に迷惑がかかります。

フリーランスのメリットとは真逆のデメリットですね・・・。

最後に・・・

フリーランスと会社員のメリットとデメリットを上げましたが、ボクとしてもどちらがいいかと聞かれても答えようがありません。

でもボクなりに考えての結論としては『会社に所属して副業(兼業)をする』といういいとこ取りをするのが一番だと思います。

副業で収入を得られれば、たとえ安月給の会社でも暮らしやすくなります。また会社勤めのメリットも得る事が出来るというのは、やはり魅力的です。

今は自称兼業ブロガーとしてやっていますが、この立場でもしブログ収入が会社員の給料を上回る事が出来たなら、その時はフリーランスを本気で志すかもしれません。

得か?損か?は全て選択した人次第・・・という事ですね!



 

関連記事

よくばりWi-Fi

ピックアップ記事

  1. 逆上がりができない子どもたちに、元体育講師が教える劇的に成功率が上がるポイント
  2. 千葉のツーリングスポット【外房編】地元ライダーがおすすめを紹介
  3. 格安アクションカメラ『Crosstour CT8500』の内蔵マイクを取り外して…
  4. 7日間脂肪燃焼ダイエットは女性におすすめ!短期間でウエスト-4cmした体験談。
  5. PageSpeed Insightsで表示速度が最悪。初心者なので3つのプラグイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私の奥様のブログです!

よろしくお願いします!

お問合せはコチラ

PAGE TOP