求人広告の出し方

Google for Jobsがついにスタート!求人業界が大きく変わるかも?載せる方法も解説。

グーグルフォージョブス

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。求人広告業界で長いこと営業やってます。

とうとう2019年1月、Google for Jobsが日本でも始まりましたね。これは求人業界では大きな事件なんです。

今回はなぜ事件なのか?Google for Jobsって一体何なのか?載せる為にはどうしたらいいのかを解説していきたいと思います。

Google for Jobsって何なの?

何かを知りたい時って、だいたいググるじゃないですか。求人も最初はそうですよね?

そこから求人サイトやさらに求人を検索するサイト(indeedが有名)に入っていって自分の条件にあうものを探していくのが一般的です。

Google for Jobsは最初の検索で、対応している求人情報提供サイト(求人媒体や採用専門のホームページなど)から横断的に求人を検索して、仕事を探している人に分かりやすく検索結果を表示するしくみの事なんです。

表示される場所は、一番上の広告枠と自然検索枠の間。結構目立つ所に出てきます。

最初の検索で求人が出てきたら、これほど便利なことってないですよね?だから各求人会社も対応して検索で表示されるように、現在自社の求人媒体を直してる最中です。

すでに大手のマイナビやリクルート、アイデムなどは対応済みです。未対応の媒体社も引っかかりますが、お粗末な情報しか出てこない状況です。



なぜこれが大事件なの?

今までって求人の検索(まとめ)サイトって言ったら、indeedの一強だったんですよね。求人市場ではindeedの検索で出てこない会社は、媒体に載せても応募が来ないとまで言われてました。

だからお客さんに営業をかける時に、聞いてもいないのに「ウチはindeedにも載りますよ」って必ず言ってました。業界の人間なら良いですけど、お客さんなんて「ふ~ん。それで?」ってなもんですよ。

そんな一強が崩れようとしているわけです。Google for Jobsの登場で。

Googleの表示順位って、コンテンツの多いものが上位に出やすいって言われてますけど、各媒体の求人情報を集めてるindeedは当然他の求人サイトより情報が多いわけですから、ほとんどのワードで上位表示でした。だから求職者もクリックするんですよね。

でもGoogle for Jobsは自然検索の上に表示されて、しかも目立ちますから今後はそっちの方がクリックしやすくなるかもしれません。

今までの「indeedに載ってますよ」があまり効果を発揮しなくなる日が近づいてるかもしれない・・・これはやっとindeedに対応した会社にとっては死活問題ですね。そりゃあもう大事件なわけです。
【PR】日本初の退職代行サービス「EXIT」で退職しよう

Google for Jobsは始まってるけど・・・

すでに現在(2019年2月8日)の時点で、Googleで求人がらみの検索ワードでググるとGoogle for Jobsが表示されるようになってます。

なってるんですが、どうやらChromeでじゃないと出てこないようです。

インターネットエクスプローラーでGoogleから入っていっても表示はされませんでした。なのでまだindeedとしてもそれほどの脅威はないのかもしれません。

逆に言えば、まだGoogle for Jobsに出てきても応募にはそんなに影響しないでしょう。

でもGoogleさんですから。IEに対応するなんてスグですよ。だから対応している会社に求人を出しておいた方がいいですね。



Google for Jobsに載せるには?

手っ取り早く載せる為には、すでに対応している求人媒体に掲載する事です。自社のホームページ内の求人情報を載せる事も可能なようですが、求人情報を検索エンジンに理解させる形式で記述しないといけません。

これを『構造化マークアップ』といいます。これ、結構めんどくさいみたいなんですよね。

だから今流行り出してるのが、ATS(採用管理システム)を使って採用ホームページを構築する方法です。

有名なATSというと、リクルートの『リクオプ』エン・ジャパンの『engage』パーソルの『HITO manager』アイデムの『Jobギア採促』は対応していると発表しています。

上記のATSはもちろんindeedにも対応していますので、近い将来新たな求人の手法になっていくのではないでしょうか?

※ATSは無料て導入できるものもあります。

まとめ

indeedもそうなんですが、残念なことに求人媒体が対応している、または対応しているATSを導入したからと言って必ず表示されるわけではないんですね。

ここら辺が検索エンジンの困った所です。

それに絶対載せる為にはどうしたらいいのかをGoogleさんに問い合わせても、答えは教えてもらえません。

求人を出す上で大事なのは『露出を増やす事』『動機づけを増やす事』の2点です。

今募集を出しても、思うように採用が出来てないという企業は、この機会にGoogle for Jobsの掲載を検討してみてはいかがでしょうか?



お問い合わせはコチラまで!