U-23 アジア選手権2020

サッカー日本代表 U-23アジア選手権 カタール戦マッチレビュー【2020年1月15日】

カタール戦アイキャッチ

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。

U-23アジア選手権の第3戦目。

結果は1-1のドローでした。またもや勝てなかったんですね・・・。

すでにグループステージ敗退が決まっている日本にとっては、単なる消化試合だったのかもしれません。

でもこの試合に限っては、日本代表の力不足で引き分けたようには見えませんでした。

これはボクの個人的な見解ですが、田中碧はレッドカードではなかったし、カタールのPKも反則ではなかったです。

1試合目・2試合目の結果は、日本代表が弱かったから負けたんですけど、この試合は単なる不運です。

とはいえ、満足できる試合内容でもありませんでしたが・・・。

退場者を出してからの日本代表は、本当によく戦ってました。

そんな波乱のカタール戦を振り返って行きたいと思います。

今回のスターティングメンバー

GK 大迫敬介
DF 橋岡大樹 立田悠悟 町田浩樹(3バック)
MF 田中駿汰 田中碧(Wボランチ)
相馬勇紀 杉岡大暉(ウイングバック)
旗手怜央 食野亮太郎(2シャドウ)
小川航基(ワントップ)

今大会のスターティングメンバーとしては、3試合の中で一番期待できる布陣かもしれません。

『全敗では終われない』という気持ちが伝わってきました。

田中駿汰のポジションに齊藤未月を入れても面白いかなとは思いましたが。

選手を個々でみるといい形ではありますが、このチームは連携に課題があるため、誰が出てきてもあまり変わらないとも言えます。

10代の頃から顔を合わせてきていた選手もいるのに・・・と思うと、連携したプレイというのはチームの成熟度ではなく、経験やスキルでの要素が強いのかもしれませんね。

前半レビュー

相手のカタールもこの試合では3バックでの布陣ですが、中東の国特有の『堅守速攻』スタイルではなく、序盤からグイグイと攻め込んできます。

そりゃそうですよね。カタールもこの試合にオリンピック出場(グループステージ突破)がかかっているわけですから。

かといってカタールも前掛かりになるわけではなく、日本が攻め込んでくれば5バックを敷き、ガッチリとゴールにカギをかけてきます。

『この試合は何が何でも負けられない』

日本の選手たちは口々にこのセリフを語っていましたが、いざ試合が始まってみても前の試合と何が違うのか?分からないほどでした。

まず全員でイメージの共有が出来ていない為、スペースを作る動きが出来ません。

相変わらず横へのパスは通りますが、前線の3人(1トップと2シャドウ)と後ろとの間に誰もおらず、間が空いてしまいます。

これでは縦パスを入れたり、ドリブルを仕掛けても相手にブロックされてしまいます。

実際にそういうシーンも多く、一向に得点の匂いがしてこないです。

2シャドウが下がったりボランチが上がるなどの変化をつけて間に入り、ディフェンスを引きずればそこにスキまれるんですけど・・・。

ゴール前でのプレイを比べれば、カタールの方がよほどディフェンスに揺さぶりをかけています。

試合を見ていても、得点の期待も無ければ失点しそうな緊張感もないといった膠着した展開が45分過ぎまで続きます。

事件は前半のアディショナルタイムに起こりました。

田中碧のディフェンスに対して、相手選手が倒れこみます。

そのまま試合が進みましたが、急に審判のフエと共にお弁当箱を描くVARの判定がスタート。

いったいどのプレイに対してなのかも分かりませんでした。

田中碧がボールを奪いに行ったプレイは明らかに、誰が見てもボールに足が伸びていましたので、反則にはあたりません。

でもそのプレイによりレッドカードが提示されます。

本来VARは、試合結果を左右するであろう重大なプレイに対して発動されます。

これがもし足がかかっていたとしても、レッドカード級の反則でもない判定なのに。

VARはあくまでも主審の判断を補うものであるため、当然判定は覆ることはありません。

日本はここで10人になって前半終了となります。

後半レビュー

後半開始から10人でのシフトを組まざるを得なくなった日本代表。

森保監督は旗手に代えて齊藤未月を投入。

そしてこの大会初めての4バックにチェンジします。

センターバックに町田と立田、左に杉岡で右に橋岡という布陣です。

森保監督の選手選考において、複数のポジションをこなせる選手という事を言っていましたが、このような窮地に立った時こそ功を奏したと言えます。

後半立ち上がりから両チームともに、攻守の入れ替わりが激しくなります。

日本はそれでも10人。

4バック1ボランチのフォーメーションですが、代わって入った齊藤もうまくポジショニングを取って、1人分のスペースを埋めようとしています。

4バックになったからなのか、それとも10人になったからなのか1人1人の距離感が前半よりよくなったような気がします。

4バックになった分、守備の意識が上がってもいますが若干ラインが下がり気味になっており、脅威と言うほどではないまでもカタールの攻撃がゴールに迫ってきている感もあります。

逆に日本の攻撃も減った人数を埋めようと、選手同士がよく動くようになり、またその動きが結果的に相手のスペースを突く動きになって来ています。

最初からこのような動きが出来ていればチャンスも増えたのに・・・などと思ったりもして。

またこういう時こそ組織的なパスサッカーが効果を発揮するというのに、食野が個人技で仕掛けようとして何度かツブされてます・・・。飯野も必死です。

そして後半の28分!サイドの杉岡から出たボールを食野が切り込んで小川にパス。

すかさず打ったミドルシュートがゴールネットに突き刺さります!

待望の先取点!これで1-0。

アディショナルタイムを含めて、あと20分ほどですのでこのままペースを守れば勝利で終われます。

もちろんカタールだってこのままでは終われません。

この選手たちが次のカタールワールドカップでの中心になって行くにあたり、オリンピック出場を果たしたいわけですから。

そして33分。敵はカタールの選手だけではありませんでした。

なんと齊藤がボールキープに移るタイミングでカタールの選手が倒れ、これがPKの判定に。

ありえない誤審。

主審はVARレフェリーからの通信も無視。

中継でも映像が流れましたが、明らかに反則ではないにも関わらず、判定は覆ることはありませんでした。

これを決められて1-1。

37分に食野に代えて田川が入り、さらに得点を狙いに行きますがカタールもあと1点取れれば決勝トーナメント進出ですから勢いを増しています。

43分には、この試合一番と言っていいほど攻守に貢献していた相馬に代えて松本を投入。

しかし流れをモノに出来ないまま試合終了。

2020年最初の大会で日本代表は1勝もできずに終わってしまいました。

レベルが上がったことによる弊害

ボクはこのブログの中で再三、国内組のレベルアップが日本代表のレベルアップにつながると行ってきました。

でも国内組で組織された今大会を見ていて、その気持ちは変わらないまでも少し違う見方も出来るのではと思い始めました。

サッカーでは野球と違って、オファーさえあればどんどん海外チームに移籍できます。

その為現在ではヨーロッパだけでなく世界各国のクラブチームで活躍する日本人が数多くいます。

つまり日本サッカーのレベルが上がっているという事になると思います。

国際Aマッチデーでなければクラブチームは選手を出場させないわけですから、日本に残っているのは『海外に出られない選手』または『これから成長する選手』という事になるわけです。

ですから選手が海外に出て行けば出ていくほど、日本サッカーのレベルは上がっていく半面、代表の招集がしにくくなってきているわけです。

ましてやU-23世代はまだ成長過程の選手ばかり。

国内組は光ってはいてもこれからの選手たちなんですね。

だからと言っても、過去の同じ大会ではしっかり結果を出してきたわけで、今回が負けていい理由にはなっていません。

これから日本に、Jリーグに必要となるのは、やっぱり国内での育成の強化だと考えます。

海外に出なくても十分世界で通用する選手を、各クラブで数多く育てて行ければ選手層も厚くなります。

弱い日本代表は見たくありません。

約半年後に始まるオリンピックでは、是非世界を脅かす日本代表を応援させて欲しいと思います。