サッカー日本代表

サッカー日本代表 東アジアE-1サッカー選手権 韓国戦マッチレビュー【2019年12月18日】

韓国戦アイキャッチ

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。

今回は絶対に負けてほしくなかった~(涙)

日本代表のサッカーファンとして、おそらく大半の方が同じことを思っていると思いますが、他の国に負けるより韓国に負けるのが悔しいんですよね。

まして東アジアの頂点を決める『E-1サッカー選手権』という舞台で負けるのは、いつもより“日本は韓国より下”感が強い気がします。

2年前4失点で負けた試合も悔しかったのを覚えてますが、今回も0-1で負け。

1失点でしたが、内容としてはもっと取られていてもおかしくない試合展開でした。

そんな韓国戦を振り返ってみたいと思います。

中国戦アイキャッチ
サッカー日本代表 東アジアE-1サッカー選手権 中国戦マッチレビュー【2019年12月10日】日本・中国・韓国・香港の4国で決勝ラウンドを戦う『東アジアE-1サッカー選手権』。日本の初戦の相手は中国。選出されたメンバー全員が国内組という中で2-1と勝利した日本代表。良かった点・課題点などをマッチレビューします。...
香港戦アイキャッチ
サッカー日本代表 東アジアE-1サッカー選手権 香港戦マッチレビュー【2019年12月14日】前回の中国戦から中3日での試合となった『東アジアE-1サッカー選手権』の第2戦となる香港戦。結果は5-0と快勝! 森保ジャパンの初タイトルを手にするためには、落としてはいけないこの試合、マッチレビューしていきます。...

今回のスターティングメンバー

キーボードで“スターティング”と打つと、ついりんごちゃんを思い浮かべてしまいます笑

そんな今回のスタメンがコチラ↓

GK 中村航輔
DF 畠中槙之輔 三浦弦太 佐々木翔(3バック)
井手口陽介 田中碧(ダブルボランチ)
橋岡大樹 遠藤渓太(ウイングバック)
鈴木武蔵 森島司(2シャドウ)
上田綺世(ワントップ)

中国戦とほぼ同じスタメンですね。

ボランチの橋本拳人がケガで離脱したため、そこに田中碧が入っています。

中国戦香港戦と戦ってきましたが、この大会はもうオリンピックへ向けてのテストマッチ的な起用をしていますね。

23歳以下の若手を優先的にスタメンにしています。

中国と韓国に関しては、大量得点を回避するためにJリーグで活躍する中堅の選手(畠中・三浦・佐々木)を使い、香港戦でのディフェンスラインは若手に。

もう目指すところはE-1の優勝ではなく、東京オリンピックなのでしょうか?

これもタイトルがかかった試合だと思うんですがね・・・。

前半レビュー

この試合、勝つか引き分けで優勝という状況なので日本が有利のはずですが、韓国はホームということもあり負けるわけにはいきません。

日本が3バックに対して韓国は4バックでワンボランチの4・1・4・1という前がかりな攻撃的布陣。

序盤からガンガン押し込んできます。

人数をかけて攻め込んでくるだけでなくスピードも速い!

対する日本は危ないシーンが多くなる半面、だいぶ3バックに慣れてきたのかウイングバックがしっかりと戻り、5バックを敷いて韓国を迎え撃ってます。

全体的にみると韓国は前がかりになって日本は5バックなので、中盤のスペースが空いています。

このスペースをうまく使えばロングボール一本で決定的な攻撃につなげられるんですが、ボランチは二人とも守備的。

井手口に対して田中碧の方がパサーに誓いスタイルですが、今日は香港戦に比べて消極的な気がします。

なんとかバックス陣が耐えていると思った前半27分でした。

左サイドでボールを奪われ、その韓国選手にディフェンスが釣られて下がり、空いたスペースに2列目(3列目?)の選手がフリーでミドルシュート。

日本のディフェンス陣3人の間を抜けたボールはゴール左隅に決まってしまいます。

韓国が先制…。

韓国はこれまでの2試合で決めたゴールはすべてセットプレーからでしたが、この試合で初めて流れの中で点を決められたことになります。

その後も韓国のプレッシャーは続き、日本が本来やろうとしていたプレイはほとんど出来ないまま、時間が過ぎていきます。

中国戦の時に指摘していた逆サイドへの展開は、この試合で度々見られましたが、どうしても流動的にボールを受けるという事が出来ておらず、時々入る縦パスは韓国の壁に阻まれます。

特に日本の右ウイングバック(橋岡)はほとんど下がりっぱなしになってしまい、中盤から攻めあがるのは左サイドの遠藤だけ。

先制した韓国は前がかりだった布陣を整え、分厚い守備を見せてきます。

数的優位を作らなくてはいけない中盤にいるのは、ほとんど赤いユニフォーム。

日本は良いところがあったのか、記憶にも残らないまま前半が終了します。

この前半を見ていて思ったのが、やはりゲームメイカーの存在が必要だという事。

香港戦でそのスキルを発揮していた大島はベンチ。

森保監督はどういう戦略なんでしょうか?

後半レビュー

後半開始から足を痛めた遠藤渓太に代わって香港戦で素晴らしい右からの攻撃を見せた相馬が左サイドに入ります。

韓国は前半に比べ、やや引き気味の布陣を敷いてきます。

引き気味といってもボールを奪った後のカウンターはかなりの脅威を感じ、この試合に限っては明らかに韓国のほうが格上です。

逆に日本がカウンターを仕掛けても、なぜかハーフラインを超えたあたりでペースダウンしボールを回し始めます。

一体なんの作戦なのか分かりません。

でも代わって入った相馬が左サイドで再三勝負を仕掛け、チャンスを作ろうと奮闘していますが、ディフェンスにはじかれるの連続。

攻め込む回数が増えてくるのをみると、一見日本のリズムになりつつあるように見えますが、実はそうではなく『攻めこまれても日本はここら辺までで止められる』と思われてしまってます。

完全にナメられてるわけですね。

後半16分、井手口に代わってようやく大島が入ってきます。

パスの出し手が出来れば流れも変わる可能性がありますし、もう一人のボランチ、田中碧とはフロンターレで組んでいるので、お互いやりやすいでしょう。

大島が入ったことによって、左右にパスが散らされて、それによって攻撃にもウラを取る動きが増えてきます。

それでも気になるのが田中碧。

いい所でボールを受けてもプレイは消極的で、前にボールをつなげようとしません。

どうしても1点が遠い日本。

1点取れれば優勝なのに…。

32分、鈴木武蔵に代わって注目の仲川が入ります。

Jリーグ得点王のゴールを誰もが期待しましたが、局面での韓国の個の力には及ばず、良い形でボールを持たせてもらえません。

そんなところまで下がったらゴールが遠いよ仲川君!と教えてあげたくなるくらいディフェンスに戻るシーンもあったり。

残念ながら何の収穫もないまま、0-1で試合終了となります。

森保監督のやりたいことが見えない大会

今大会はJリーグが終わって2日後からだったせいもあり、フォーメーションの確認などの戦略的な練習ができてなかったのは分かります。

でもそこは代表に選ばれてる選手なわけですから、試合を重ねるごとに修正していくこともできなくてはいけないでしょう。

来年に迫っている東京オリンピックを見据えて、試してみたい選手がいたのかもしれませんが、それにしても初選出の選手が多すぎ。

試すならもっと早い段階でいろんな選手を招集すべきなのでは?とも思ってしまいます。

オリンピックで勝つために、この大会は落としてもいいと思っていたのでしょうか?

選手たちは誰よりもA代表のレギュラーになりたいと思ってプレイしていたんでしょうか?

その意識を植え付けるのも監督の仕事ではないんでしょうか?

2勝1敗だったこの大会で監督は何か手ごたえを得たんでしょうか?

そんな疑問がどんどんと湧いてくる、後味の悪い大会となりましたが、来年早々にはオリンピックの最終予選も始まります。

自国開催ですので、強い日本代表を見せてもらいたいものです。