サッカー日本代表

サッカー日本代表 カタールW杯2次予選 タジキスタン戦マッチレビュー【2019年10月15日】

タジキスタン戦 アイキャッチ

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。

前回のモンゴル戦で大勝利を挙げた日本代表ですが、中4日おいて今度はアウェーの地での試合へ移動という過酷なスケジュールの中、2次予選の第3戦となるタジキスタンと対戦しました。

ちなみに前回のマッチレビューはコチラ↓

[clink url=”https://yatte-blog.com/2019/10/12/japansoccer-mongol-matchreview/”]

おまけに日本からタジキスタンへの直行便は無いため、飛行機に乗る時間だけでも大変なのに・・・。

とは言っても前回対戦した時には8点もの差をつけて勝利した相手。

今回も楽勝かと思いましたが、相手も数年前とは別のチームとなっており、なかなか骨のある試合を見せてくれました。

結果、日本代表は3-0と勝利を収めましたが、決して格下からの楽勝というわけではありませんでした。

今回はそんなタジキスタンとのアウェー戦のマッチレビューをしていきたいと思います。



今回のスターティングメンバー

招集されたメンバーは前回のモンゴル戦と一緒。中4日ですから、新しいメンバー選考はありません。

そして今回のスタメンはコチラ↓

GK 権田修一
DF 酒井宏樹 植田直通 吉田麻也 長友佑都(4バック)
MF 柴崎岳 橋本拳人(ダブルボランチ)
堂安律 南野拓実 中島翔哉
FW 鎌田大地(ワントップ)

前回の試合でケガをしてしまった冨安に代わって、今回は植田が先発起用。

そしてボランチの橋本に左は堂安が入っています。またワントップにはモンゴル戦で初ゴールを挙げた鎌田が先発しました。

今回の注目は堂安でしたね。前の試合で伊東純也が3アシストと大活躍をしていますので、堂安も結果を出したくてギラギラしているはずです。

特に中盤左は激戦区ですので、1試合1試合が監督からの評価の対象になるはず。

森保監督になってから、堂安・南野・中島が中盤の核になるケースが多かったため、連携という部分での利点はありますが、試合は結果がすべてですからね。堂安も安泰というわけでは、決してありません。

けっかを出すという面でいえば、DFの植田も今回は大きなチャンスがやってきたといえます。

現在伸び盛りの若い冨安は、スタメン定着に最も近い存在でした。定着してしまえば、必然的に他の選手たちはサブとなってしまいます。

そこに来ての冨安のケガ。植田はここで活躍すれば今後、日本代表での位置づけも大きく変わっていくでしょう。

そしてワントップでスタメンの鎌田。

ドイツのクラブチームで活躍しているからと言っても、代表には本来、大迫勇也という絶対的なエースがいます。

ここからスタメンを奪取するのは、至難の業といえるでしょう。

そんな選手一人ひとりの思いが渦巻く中、試合が始まりました。

前半レビュー

ここ数年、国内でのサッカー熱が高まっているというタジキスタン。

観客席は超満員!完全なアウェー状態です。

その大声援の後押しを受けて、試合の立ち上がりからガンガン前に出てきます。

最近のアジアのチームには無かった、積極的な姿勢と不慣れな人工芝のグラウンドが長距離を移動してきた日本代表チームを容赦なく襲ってきます。

引いて守ってくるタイプのチームに対して苦手意識のある日本は、逆にガチンコで勝負してくる相手にとっては、伝家の宝刀『パスサッカー』で翻弄して勝利してきました。

練習試合だとしても、アルゼンチンやパラグアイといった強豪国に勝利してきたのも、このパターンです。

しかし今回の試合はそう簡単ではありませんでした。

タジキスタンは攻めることに重心を傾けると、起こりがちになる自陣での間延びに対してもしっかりとした対策をしているようでした。

それはサッカーの基本ともいえるゾーンディフェンス。

ボールがある場所にディフェンスを集中させるように動き、スペースを詰めるという守備です。

本来ならこのゾーンに対応する攻め方としては、サイドチェンジが有効なんですが、序盤はそれがあまり見られませんでした。

まずは中島翔哉。相手がゾーンで守ってくれば当然空いてくる逆サイドを使おうとせず、ご自慢のドリブルで密集地帯に入って行こうとします。

そして堂安律。前回の試合での伊東の活躍を意識してなのか、守備に積極的にはなるものの強引にシュートを打つ場面もあります。

いずれにしても、相手が格下だという気持ちから出てくるセルフィッシュなプレイに感じてしまうのはボクだけでしょうか?

タジキスタンは確かに格下のチームですが、今回は日本に勝とうという姿勢がはっきりと感じました。

おそらく日本のこれまでの試合を何度も何度も見て、日本の良いところをつぶそうと必死になって、この日のために準備をしてきたのでしょう。

前半はそれを感じるプレイが随所にみられました。

日本の伝家の宝刀であるパスサッカーをさせないように守り、逆に自分たちが丁寧にパスをつなぎ、日本のゴールに迫ろうとします。

印象的だったのは23分、日本のボールをインターセプトし日本陣内に攻め込みシュート!

惜しくも権田のスーパーセーブに阻まれますが、日本に対しては『ナメてかかると痛い目に合うぞ』という気持ちが前面に出ていました。

これは日本代表に対して、相手は格下ではないと意識させるには十分なプレイ。

前半は0-0で終了しましたが、日本代表はここで目を覚まさせられたんだと感じます。


後半レビュー

タジキスタンのフォーメーションはちょっと珍しい4-1-4-1というスタイル。

これは守るときは5バックとなり、攻めるときは中盤が厚くなるという格上のチームに挑むためにはとても効率がいいフォーメーションだといえます。

中東のチームにありがちなロングボールを多用してくるわけでもなく、しっかりとつないで相手の綻びを見つけて攻めてくるサッカーは、とても共感がもてるものでした。

しかしそれも目を覚まさせられた日本代表には通用するものではありませんでした。

後半8分、中央でボールをキープした鎌田が左の中島に展開。その中島のセンタリングにゴール前、フリーで待っていた南野が、お手本となるような綺麗なヘディングをファーサイドに決め先取点!

そのさらに3分後、ようやく調子が出てきた日本代表が中央で細かいパスをつなぎ、今度は右の酒井が早めに鋭いセンタリングを上げると、またしても南野が体勢を崩しながらも左足で後ろに流し込みゴール!

あっという間に2-0になってしまいます。

あれだけ大勢いた観客たちも、この立て続けの2得点にあきらめて帰る人も出てくるほど。

それでもタジキスタンは戦うことをあきらめず、また自分たちのサッカーを信じて日本代表に挑んできます。

後半17分、中島に代わって森保監督の弟子ともいえる浅野拓磨がそのまま左に入ります。

2次予選あたりだと、リードしたチームは選手交代の際は攻撃の選手に代えて守備の選手を投入し、守りを固めてくるんですが森保監督は攻める姿勢を崩しません。

タジキスタンも粘りのカウンターを見せる中で34分には鎌田に代えて永井謙佑を投入。

前の試合で鎌田が得点を決めていましたから、この永井も心中穏やかではなかったはず。

そして37分、またまた酒井からのセンタリングに逆サイドの浅野がヘディングでゴールを決めて3-0。

このように監督の起用に応えて、交代で入ってきた選手たちが活躍するというのは、チーム状態が良いということを示している良い傾向です。

その後41分、南野に代わって18歳の久保建英を投入。最年少ゴールの期待が膨らみます。

南野に代わって入ったということはトップ下かと思いきや、そこは堂安と連携を取ってポジションチェンジをしながら流動的に展開してきます。

タジキスタンも最後まであきらめずに食らいついてきましたが、そのまま試合は終了となりました。



この試合で感じたこと

結果的に3-0と勝利はしましたが、ボクはこの試合の中で気になるところがありました。

それは今、日本代表の中で10番を背負う事になった中島についてです。

もともと中島は、いわゆる『サッカー小僧』というキャラクターで、辛い場面でもサッカーを楽しむ姿勢がとても気持ちのいい選手でした。

しかし前々から守備の弱さが指摘されており、それでも最近の試合では自陣深くまで戻ってディフェンスに加わるシーンが増えてきていました。

そんなところも、彼のファンが多いポイントだと思っていました。

でも今回の試合では守備への戻りが少なく、ボールを持てばドリブルで密集地帯を抜けようとして失敗し、チャンスをつぶすというシーンが何度か見受けられました。

サッカーを楽しむサッカー小僧というのは、時に無邪気にボールと戯れるかのようにプレイをするところが共感を呼ぶ半面、今回のように明らかに相手をナメでかかるようなプレイは、見ていても気持ちの良いものではありません。

後半になり、そんなプレイも少なくなったように感じましたが、日本の10番たるもの、W杯予選のような国際試合では相手に対して敬意を持ったプレイをしてほしいです。

まだまだカタールワールドカップへの道のりは遠いです。

これからも厳しい試合が続きますが、引き続き日本代表の試合をしっかり見届けたいと思います。

ガンバレ!ニッポン!!

 

お問い合わせはコチラまで!