エルサルバドル戦レビュー

サッカー日本代表



サッカー日本代表 キリンチャレンジカップ 2019年6月9日エルサルバドル戦のマッチレビュー『やって』みた

こんばんは。聖一朗(@sei01row)です。

コパ・アメリカ前のテストマッチ2戦目の相手は北中米の古豪エルサルバドル。

前回のトリニダード・トバゴ戦から6人を入れ替えたメンバーでスタート。

前回ベンチ外だった久保建英もベンチ入りして、森保監督がどのタイミングで使ってくるのかが注目となりました。

結果は2-0と快勝!

コパ・アメリカへ弾みとなる勝利をつかむ事が出来ましたね~。

今回のスタメンはコチラ↓

GK シュミット・ダニエル
DF 冨安健洋 昌子源 畠中槙之輔
MF 伊東純也 橋本拳人 小林祐希 原口元気
堂安律 南野拓実
FW 永井謙佑

永井は代表4年ぶり招集(鈴木武蔵のケガによる追加招集)で2得点という結果を出しました。

今回の注目は、サイドウイングバックの伊東と原口。二人とも足元の技術とスピードを持った選手。

それに前線の永井、2シャドウの南野と堂安とのコンビネーションがどう機能するかでした。

それではマッチレビューしていきます!!



前半

フォーメーションは今回も森保監督お得意の3バックで試合開始。

同じ3バックでも前回ウイングバックを務めたのがDFである長友と酒井だったのに対して、今回はMFの原口と伊東。

無得点に終わった前の試合よりオフェンシブな布陣で臨むのは、やはり反省点を修正してきたということなのでしょうか。

前半開始間もなく、今回スタメンで起用された伊東がチャンスを作ります。

持ち前のスピードからインターセプトし、そこからドリブルでディフェンス2人を抜き去りセンタリング。

ゴール前で誰にも合わず逆サイドの原口まで流れたボールをミドルシュート。惜しくもクロスバーを越えていきます。

3バックの特徴として、相手に攻め込まれた場合にウイングバックが戻って5バックになる所なんですが、今回はボランチのどちらかが戻る4バックの形を採用しているようです。

ただ今回のダブルボランチは小林と橋本。橋本はディフェンスに問題はありませんが、小林はどちらかというとパサーなのでゲームメイクに徹する事が出来ない状況での起用は、ミスマッチ感が否めません。

森保ジャパンの強みは、FWの選手を含めで高い位置からボールを奪うサッカーです。

なのでウイングバックがDFの選手での2ボランチの方がしっくりくる気がするんですが、これも新しいパターンという事になるんでしょうか?

そして前半19分、サイドバックの冨安の普通なら届かないようなタテパスに永井が追いつき、追いついてきた相手ディフェンスを切り返しで抜き去りゴール!

前半開始から日本代表が苦手な『引いて守る』相手チームに対して、流れの中で崩して得点に繋げられたのは、今回の試合の収穫とも言えます。

今回もエルサルバドルは、引いて守ってましたがタテパスは比較的通ります。2点目もそんなタテパスからの得点でした。

前半の41分。左サイドバックの畠中のタテパスに原口が反応。

ギリギリタッチラインを割りそうなところをスライディングで粘って、永井にパス。その球をうまくニアに蹴り込んでゴール!

この試合だけですが、永井はストライカーに必要な条件を満たしていました。

それは『得点出来るところにいる』という事!

偶然だとか、ごっつあんゴールとか言われますが、これこそがFWの才能の一つであることに間違いありません。

そしてそのまま前半が終了。



【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

後半

今回の特徴として、ウイングバックがMFの選手である事は前述しましたが、前回の試合はちょっと下がり目のポジションが多く見受けられました。

それに対して今回は高めにポジションを取り、横いっぱいに開いて(タッチラインすれすれで)プレイしてます。

横いっぱいに開く事でディフェンスもつられて開いてくるため、中央が手薄になります。

なのでタテパスが入りやすかったし、ウラも取りやすくなっていました。

後半の12分、永井が相手チームの選手とのせめぎ合いの中、肩を負傷し途中退場を余儀なくされました。

変わって大迫を投入します。

その後畠中に変えて山中、伊東に変えて、またしても聖一朗イチオシである室谷を投入。

それにより3バックから従来通りの4バック(ディフェンスから4-2-3-1)にフォーメーション変更。

1トップに大迫、左から原口、南野、堂安という並びになります。

そして後半20分には、南野に変えてファン待望の久保建英を投入。歴代第2位のA代表の試合出場となりました。

同じタイミングで原口に変えて、中島をピッチに送り出します。

久保の感想ですが、初めてのA代表の試合とは到底思えない堂々としたプレイで会場を魅了します。

その分中島翔哉が前回の試合のようなドリブルやミドルシュートが見られませんでした。

その後34分に小林に変えて柴崎を投入しますが、そのまま試合終了となりました。

まとめ

率直な感想からして、この試合に関してはもっと点が取れた試合だった気がします。

相手ははっきり言って弱かった。

時々喰らうカウンターにも迫力が無く、ゴール前に迫られたとしても点を決められてしまうのでは?という危ないシーンも1~2回あったかどうかという所でした。

今回のこの2連戦は、当然コパ・アメリカへ向けての調整という位置づけでしたが、さらにその後には早い事に9月からワールドカップ予選も始まって行きます。

森保監督の中には、多くの選手にA代表のユニフォームを着せて、どの選手が一番フィットするのかを探っている状態なのかと推測します。

今回は選ばれなくても、アピール次第では最終的に選ばれる可能性は十分あります。

日本代表ファンにとっては、選手層が厚くなる事を大歓迎です!

試合後の久保は『少しでも長い時間、代表のユニフォームを着てプレイしたい』と言っていました。

東京オリンピックにワールドカップ。これからが楽しみですね!!



ピックアップ記事

  1. 【超初心者向け】Windowsアクセサリのペイントを使って画像にモザイクをかける…
  2. Google for Jobsがついにスタート!求人業界が大きく変わるかも?載せ…
  3. パスポート申請に必要なもの4つを1つずつ解説!これを読めば安心ですよ。
  4. 炭水化物を減らすダイエットを6ヶ月続けた結果、マイナス12kgに成功しました!
  5. 【房総ツーリング】インスタ映えスポット『濃溝の滝』は『濃溝の滝』ではなかった!?…

関連記事

  1. サッカー日本代表発表
  2. サッカー日本代表

    サッカー日本代表 キリンチャレンジカップ ベネズエラ戦のマッチレビュー『やって』みた。

    こんにちは。こう見えて(見えてませんけど・・・)サッカー日本代表をカズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私の奥様のブログです!

よろしくお願いします!

お問合せはコチラ

PAGE TOP