サッカー日本代表

サッカー日本代表 キリンチャレンジカップ 2019年6月5日トリニダード・トバゴ戦のマッチレビュー『やって』みた

トリニダード・トバゴ戦

こんばんは。聖一朗(@sei01row)です。

令和になって初の日本代表戦の相手はトリニダード・トバゴでした。

中米のチームという事で、これから控えているコパ・アメリカを想定したテストマッチですね。

結果はスコアレスドロー。

テストマッチとはいえ、あれだけの多くのチャンスを作っておいて無得点というのはストレスが残る試合でした。

3バックを試していたからというのは言い訳でしかなく、『決定力不足』と表現するしかないですね。

サッカー日本代表の関連記事はコチラから

今回のスタメンはコチラ↓

GK シュミット・ダニエル
DF 冨安健洋 昌子源 畠中慎之輔
MF 酒井宏樹 守田英正 柴崎岳 長友佑都
堂安律 中島翔哉
FW 大迫勇也

注目の久保建英はベンチ外となってました。久保を目当てに試合を見に来たという人も多かったと思います。残念・・・。

今回は初の3バックで挑む日本代表。森保監督はサンフレッチェ広島時代は、この3バックで3階のリーグ優勝を果たしているほど、3バックが得意。

チーム作りに時間が取れない中でのフォーメーション変更はどのような影響が出るのでしょうか?

早速マッチレビューしていきます!!



前半

今回の試合の位置づけとしては、2つある事が予想出来ます。

一つ目は、これから始まるコパ・アメリカへの対策。コンディションの調整とフォーメーションなどの連携を確認する為。

二つ目は、今後の代表を見越した(目先の試合だけではない)人選。

そういう意味で、初の3バックを試したのだろうと思います。

今回選ばれている昌子も冨安も、所属チームでは3バックが採用されていますし森保監督もサンフレッチェ広島時代の得意技でしたので。

それに対してトリニダード・トバゴは4バックに3トップ。もともと3バックは2トップで攻めてくる相手に対しての数的優位を作るフォーメーションですので、3トップ向きではありません。

相手も日本を研究してきてますので、3トップで来るのは日本の4バックの対策だろうと思います。

3バックに慣れていない日本代表でしたので、いつもなら両サイドの長友と酒井が下がり、5バック気味に3バックに対応するのかと思いましたが、両サイドは高めの位置をキープ。

その分守田と柴崎が交互に入り、穴を埋めるという形が完ぺきとは言えないまでも片鱗を見せています。

その為に恐怖を感じるほどのカウンターを喰らう事もなく、バックラインも安定した守備が出来ていました。

中盤を厚くした分、相手の攻撃の目を早めにつぶすことが出来ていた為、危ないシーンというのも数えるほど。

既に完成形ともいえる中島・堂安・大迫の前線3人に合わせて、長友・酒井との連携と攻撃のバリエーション。

細かいパスが縦に通る事も多く、確実にゴールには迫っていました。

中でも前半躍動したのは、今回の背番号11の中島翔哉でした。

わざとミドルシュートを打ち、シューターだと思わせておきながら時にはドリブルで、時には長友とのパスで崩していくスタイルは、最近の日本代表には欠かせない武器です。

但し中島の課題としてはやはり守備。攻めに罹る分ウイークポイントとなってしまうんですが、今回の試合をいる限りでは、そこを昌子や畠中と言った周りの選手でうまく埋めていました。

圧巻だったのは前半の40分。相手に与えたコーナーキックのクリアボールに中島が追いつき、そのままドリブルスタート!

トップスピードに乗った中島を止める術はもうファールしかない。

ペナルティエリア手前でフリーキックを得ます。

今回からFIFAのルールが変更となり、フリーキック時に味方のチームが壁の中に入ると反則という事に。

距離としても角度としても中島の得意な場所。蹴ったボールはわずかに上。クロスバーをたたきます。

チャンスを作りながらも無得点。前半は両チームともにオフサイドは無し。

前線でウラを取る動きが出来ていたようにも見えたんですが、あれだけ攻めているのに無得点というのは、日本にとって得点力不足は慢性的な病気なんでしょうか?



【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

後半

前半から感じていたんですが、平成最後の試合となったボリビア戦から大きく変わったと感じたのは、酒井宏樹の守備意識。

確かに前回までの試合でも守備はしてました。

してましたけどそれまでとは違う、何というか相手のスキを狙うようなディフェンス・・・例えるなら山口蛍の守備のような動き。

その酒井の動きに救われるシーンが多くみられました。

これは監督の指示なのか、それとも所属チームのマルセイユで生き残る為に自ら生み出したものなのか。

いずれにしても酒井は、代名詞の高速クロスの他に大きな武器を手に入れました。

さらに後半になり、実戦でのメンバーに慣れてきたのか選手同士の距離感が良くなった気がします。

後半15分、森保監督が動きます。

酒井に代わって聖一朗イチオシ選手の室谷成を、またMFの守田に変えて小林を投入。

この選手交代は作戦が明確でした。まず室谷はタテへの早い動きを、小林は2人目のパサーをという意図でこう着し始めている局面を打開する作戦でしょう。

左からの攻めでは長友や中島が中にボールを入れ、こぼれ球を二人のパサーが更にサイドに振る。

右の室谷や堂安が中に入れた時も同じ。それでもなかなか得点には繋がりません。

そして25分には、中島に変えて南野、堂安に変えて伊東純也を投入。

ここでもルールの変更があって、今まではセンターライン付近での選手交代でしたが、コートを出る選手は近い所から去ってOKになりました。

森保監督は流れを変えにきますが、得点力の高い南野と大迫でもトリニダード・トバゴのゴールを割る事が出来ません。

そして33分に長友に変えて原口元気を投入。前がかりになります。

この辺りからトリニダード・トバゴの選手たちに疲労の色が強くなり、座り込んでしまう選手さえ出てきます。

相手が疲れていて、外から中へ両サイドからボールを入れ原口や南野がドリブルで攻め込むも、そのまま試合終了。

まとめ

令和初となる日本代表の国際Aマッチでしたが、結果は0対0。

チャンスがあっても得点出来ないというストレスを感じながらも、今回は得られる事が多い試合だったようにも感じました。

この短期間で3バックを仕上げてきた森保監督は、スゴイと思います。ハリル・ホジッチ監督時代に何度も試して、実現できなかった3バックをです。

そういう意味では、フォーメーションの選択肢が増えました。

それに今回中島が見せてくれた攻めの形。シュートしてくるのかパスなのか、それともドリブルなのかを多様に操るスタイルは、今後の代表に必要なファクターとなるでしょう。

日本には世界のトップ選手のように、一芸で打開できるような選手はいません。だからこそ多様な攻めの形や狭い所でのパス交換が日本の武器になりえるのではないでしょうか。

次はエルサルバドル戦!どんな試合を見せてくれるんでしょうか?ファンとしては気持ち良い勝利を期待します!!



お問い合わせはコチラまで!