ブログ運営

ブログ運営にも必要?『才能』でも『努力』でもないGRIT(グリット)という能力とは?

グリット力のアイキャッチ

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。皆さん、唐突ですが成功したいですか?

何かに挑戦してるわけじゃないけど、何かをやるなら成功したい!失敗はしたくないと考えるのは普通の事ですよね?

じゃあ成功する為に必要な力は何だと思いますか?

運?才能?体力?知力?今いろいろな力が思い浮かんだと思います。

今回は最近よく耳にする『GRIT(グリット)』という能力について書いて行きたいと思います。

GRITとは“やり抜く力”

心理学者のアンジェラ・ダックワースさんという方が提唱したのがこの『GRIT』

日本語では『勇気』『闘志』『根性』などの意味があります。これらには別の英単語があるんですが、直訳すると『(歯を)食いしばる』になるんです。壁にぶつかってもあきらめない心の事を言うんですね。

アメリカでは長年、成功に必要なのは知力か?才能か?という論争があったんですが、GRITの提唱以降は『第3の因子』として注目されるようになりました。

物事に対して諦めずに最後まで“やり抜く力”。これは先天的な知力や体力とは違い、後天的に体得出来ると言われています。

なので小さい時から物事に対して諦めない事を意識して育てる手法として有用視されているというわけです。



ダックワースさんの発見

ダックワースさんは日本でいう所の中学校の先生をしていたらしいんですが、その時にスゴい成績がいい子と最下位の子との違いについて単純にIQでは説明がつかない事に気が付きました。

IQは高いのに成績が悪い子がいたり、その逆もいる。数学なんかは確かに難しいけど頑張れば出来ない事もないのに・・・。

そこでダックワースさんは気が付きます。大事なのは時間をかけてじっくり勉強に取り組めれば、必ず出来るようになるという事に。

だから、子供たちが努力できるモチベーションを保てる環境を作る事が大事だという事を発見したんですね。

出来ない事って、ついつい投げ出しがちですもんね・・・。

GRITを計測してみよう!

ダックワースさんは『GRITスケール』なるものを開発しています。下の図の書く質問に回答して、その合計を10で割った数値がGRIT力になります。

ちなみに、偶数の質問を足して5で割った数値を『粘り強さのスコア』、奇数の質問を足して5で割った数値を『情熱のスコア』となり、すべてを10で割るのがGRITとなります。

皆さんはどのくらいでしたか?ボクは2.7でした。若干低めです。ただ日本人は謙遜の美学がありますので、自分を過小評価しがちです。しっかり自分を見つめて評価してみて下さい。

平均としてはだいたい3.2~3.5くらい。事業に成功している社長の多くはスコアが4以上だそうです。仕事で成果を挙げている人はGRITが高いという事が言えます。

「自分はちょっと低いな・・・」と思った方、GRITは後から身に付けられる力ですので諦めないでください。

GRITを構成する要素

GRITを細かく分けてみると、①情熱 ②目標 ③粘り強さに分けられます。やり抜く力を身に付けるにはこの3つが必要だという事ですね。

この3つを見ると、ブログの運営にも必要な要素なのでは?と思ってしまいます。

①の情熱は、物事に対してのアツい気持ちですよね?言い換えれば、当事者意識を持って積極的に向かって行っている状態が思い浮かびます。

自分の興味がある事や好奇心を掻き立てられるものに真正面から向かっていく姿勢。それはまさにブログに対しての気持ちなのではないでしょうか?

②の目標は、情熱があふれてくると自然と生まれてきますよね?ボクなら『まずは100記事』とか『1日1記事』ですかね?

これは誰に言われてた訳ではなく、自分で決めたものです。言われたからやる・・・では、情熱すら湧いてきません。

自分で決めた目標に向かって邁進する。これこそがGRITです!!

そして③の粘り強さは、問題にぶつかっても折れない心!

PVが伸びないとか、誰も見てくれないとかでやる気が出なくなっちゃいますよね?だからこそ情熱や目標が必要なんです。

目標さえ見失わなければ、そこに向かっていく推進力は情熱という事ですね。情熱の推進力は、ちょっとやそっとでは折れませんからね。

この3大要素がバランスよくあってこそGRITが形成されていくんです。



まとめ

何度も言いますが、GRITは生まれながら備わっているわけではなく、何歳でも身に付ける事ができる力です。

さらにもう一つ上げるとすれば『レジリエンス』です。『レジリエンス』とは、極度にヤバい状況になっても平常心でいられる力の事を指します。粘る為にはこれも必要ですね。

多くのブロガーたちが100記事を迎えずに、3ヶ月という壁を越えられずに止めてしまうと聞きます。

そういうボクもまだ達成できていないので、大きなことは言えませんがこのGRITには『楽しむ』という事が大切なんじゃないかと思います。だって楽しければ、当然情熱を注ぎますし「もっとこうなりたい」という目標だって湧いてきますよね?

楽しいんだから粘らなくてもいいわけですし。

ブログの運営に置き換えると、やはり楽しんでやるという事が継続のポイントで、継続する事でGRITが身についてくるんだと思います。せっかくやるなら一緒に楽しんで『やって』行こうじゃありませんか!!

お問い合わせはコチラまで!