サッカー日本代表



【サッカー日本代表】アジアカップ直前!今更聞けない オフサイドって何?

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。いよいよサッカー日本代表のアジアカップ2019が初戦を迎えようとしています。

応援の準備は万全ですか?ボクもサッカー好きですが、サッカー部に入ってたワケではありません。でも過去にサッカーを子供たちに教えていた事もあり、ルールについては知っています。

そして日本代表を応援しています。・・・Jリーグは・・・地元ジェフ千葉を少々・・・。

ワールドカップもオリンピックも日本代表のサッカーって盛り上がるじゃないですか?点が入ると『きゃーーーっ!』ってなりますけど、サッカーのルールって結構知らない人が多いんですよね。

もちろん『手を使っていいのはキーパーだけ』くらいはみんな知ってますけど、一番やっかいなのが『オフサイド』ですよね?

今回はそのオフサイドについて、少し解説したいと思います。
【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

今更聞けないサッカー用語

オフサイドの説明の前に、実況や解説を聞いてて『?』って思っちゃう言葉をちょっと書いときます。

ラインを上げる・下げる

ラインとはオフサイドラインの事です。※後で図解が入ります。オフサイドラインとは、一番後ろで守ってる選手の位置の事を言います。ゴールに近い所にいる場合は『低い』と。ゴールから遠くセンターラインに近い所にいる場合は『高い』と言います。

なので、『低い』所から『高い』所へ移動する場合に“ラインを上げる”と言い、その逆を“ラインを下げる”と言います。

ウラを狙う・ウラを取る

オフサイドラインに立っているディフェンスの選手の背中側のスペースでボールをもらおうと狙ったり、そのスペースでボールをもらう事を言います。この辺は分かりづらいですよね?

ニアまたはファー

ニアとはボールから見てゴールの近いサイドの事で、その逆に遠いサイドをファーと言います。

まずはこのくらいのワードを知っておきましょう。



オフサイドの基本ルール

一番後ろで守っている選手の位置がオフサイドラインと言います・・・というのは先ほどの説明のとおり。

「オフサイドラインの後ろで待ち伏せしちゃダメですよ!」というのがオフサイドの基本になります。図の場合はオフサイドですね。こんな所でずっとボールを待たれてたら、たまったもんじゃないですよね?だから反則なんです。

オフサイドかオフサイドじゃないかを判断するポイントは『攻めてるチームの選手がパスをした瞬間』にその味方がどこにいたか?という事。

もちろん代表に選ばれる選手たちは、待ち伏せなんてしませんよね?なので・・・

ドリブルで上がってきた選手がもう一人にパスを出そうとしています。味方の選手はオフサイドにならないようにディフェンスライン(オフサイドライン)の手前でタイミングを見計らい、『パスを出す瞬間』にウラへ飛び出すワケです。

図の位置だとディフェンスの選手は二人ともボールの行方を見ていますので、その背中側を狙うのが『ウラ』です。

オフサイドラインがゴールに近すぎると、そのままシュートされる危険性が高くなります。でもオフサイドラインがゴールから遠ければ多少は安全ですよね?なので、ボールが来ない時にはなるべくラインを上げておくワケです。

但し、相手陣内まで上げてしまうと自陣ではオフサイドは無いので、待ち伏せされてしまいます。時々フォワードの選手がセンターライン近くで待っているのは、サボってるわけではなくそういう理由なんですね。
【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

オフサイドの例外

『これってオフサイドじゃないの?』という場合もありますよね?それって例外の場合があります。

例えば・・・

パスする方も受ける方もディフェンスの後ろにいた場合です。この場合のオフサイドラインは攻めてる方の一番ゴール側の人になっちゃうんですね。なので攻めてるのと逆方向にパスを出せば(マイナス方向へのパス)オフサイドにはならないんです。

ゴールキックの場合

反対のゴールキーパーがド~~~~ンと大きく蹴り出したボールを待ち伏せするのはオフサイドにはなりません。ただそこまで大きく蹴れるキーパーはほとんどいませんけどね・・・。これも例外です。

スローインの場合

スローインも待ち伏せOKです。但しスローインで投げ込まれたボールだけ。その次に蹴るボールは当然受ける位置によってオフサイドになります。

『ボールに関与しませんよ』という場合

オフサイドの位置にいて、ボールが来る前に戻れなかった場合に『戻り遅れちゃっただけです。ボールはもらいません』というのが明らかな場合は、オフサイドにならない事もあります。

これも時々ありますので、覚えておくと「あぁこの事ね」と納得して頂けると思います。
【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

まとめ~変わっていくルール

いかがでしょうか?オフサイドについて少しは分かって頂けますでしょうか?こちらの解説については2019年現在のものです。サッカーのルールってちょっとずつ変わってるんです。

ちなみに去年のワールドカップからVAR(ビデオアシスタントレフェリー)が取り入れられていて、微妙な判定の場合、映像で再判定するというルールです。

やはり審判も人間ですし、これだけ映像技術が進んでくると間違った判定も見逃すことが出来なくなりますからね。

日本代表、初戦はトルクメニスタン戦です。格下と言っても初戦は何が起こるか分かりません。気を引き締めて臨んでもらいたいですね。ボクはテレビで応援したいと思います。



 

関連記事

ピックアップ記事

  1. サッカー日本代表 キリンチャレンジカップ2019 3/22・3/26メンバー発表…
  2. バイクの乗れない時のストレス解消法【自宅編】オススメ5選を紹介!
  3. 我が家の10大ニュース発表します!“WAGAYA”awards2018!!
  4. 【Amazonで見つけた】1,000円前後なら絶対に手に入れたくなるアイテム10…
  5. 7ぴあ4月号の巻頭記事はB’z 感想「二人は全くブレてなかった!」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私の奥様のブログです!

よろしくお願いします!

お問合せはコチラ

PAGE TOP