求人広告の出し方



【中小企業向け】求人広告を出す時に押さえるべき2つのポイント

こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。

プロフィールにも書きましたが、私は20年以上求人広告の会社で営業をやってきました。

少なく見積もっても1ヶ月に50社として、1年で延べ600社。

20年で延べ12,000社の会社の社長、または人事担当者と求人に関してのやり取りをしてきた事になります。

その中で求人を出すときに、必ずここは押さえなくてはいけない2つのポイントについて今回はそれをお話したいと思います。

求人広告のポイントは『露出』と『動機づけ』

①露出とは?
求人広告を出す目的は?と言われれば、もちろん『人材採用』です。

正社員であれば、長く勤めてくれて将来は会社の軸になっていただけるような人材でしょう。

パート・アルバイトであれば、その時間会社やお店に貢献してくれる人材

そんな人に来てほしいですよね?

その手段としての広告を出すのならば、多くの人の目に触れなければ応募もしてもらえません。

良い人材を採用するには、ある程度の人数の応募者の中から一番良い人を採用したいですよね?

だからより多くの『露出』が必要なのです。

②動機づけとは?

求職者は仕事を選ぶ際、人それぞれ仕事を探すに至ったきっかけがあります。

例えば、前の職場は土日祝が休みじゃなかったので、子供の運動会に参加出来なかったとか

子供が習い事を始めたので、せめてその月謝分はパートしたいとか。

つまり、仕事を選ぶ譲れない条件ですね。

子供が帰って来るまでに家に帰れる職場がいいとか、仕事を通じてスキルアップしたい

なんていうのも求職者の動機に含まれます。

人それぞれ違う動機ですが、それをクリアしている会社なら応募までは至らなかったとしても

話は聞いてみたくなるものです。

沢山の人が仕事探しをしている中で、その動機をクリアしていることが多いですよという事を

求人広告の原稿内に多く入れる事。これが大切なんです。



多く『露出』させるには?

もちろん沢山の予算を投下してじゃんじゃん広告を出せば、当然『露出』は増やす事ができます。

でも、ほとんどの企業が(特に中小企業は)湯水の如くお金を使う事なんで出来ません。

そんな事をしていては、人を採用する前に会社が危なくなってしまいます。

とは言っても広告を出す以上はある程度の予算は必要ですが。

では予算をかけずに露出するにはどうしたら良いのか?

(こんな記事も書いてます↓)

最近の流行りはオウンドメディアを活用する事

オウンドメディア・・・自社媒体の活用。代表的なものはホームページです。

ホームページ内に求人のコンテンツを作って、そこに人を集めるという方法。これならお金はかかりませんよね。

そこに繋がる二次元コードを作成して、商品パンフレットや名刺などに印刷して配布すれば、

アクセスしてくれた時に求人情報だけではなく、ホームページ内の企業理念なども見てくれます。

このように予算をかけずに『露出』する方法はアイデアひとつでまだまだ考えられます。

『動機づけ』はどのように増やすか?

よく募集で人が集まらないと、すぐ給料を上げるという方向に考える社長がいます。

もちろんそれも『動機』のひとつではありますが、それだけでは人は動きません。

「そんなものはウチには何もないよ」なんていう社長もいます。

働いている従業員がいる以上、そこを選んだ『動機』は必ず存在します。

そう!『動機づけ』は社員に聞くのが一番良いのです!

社員は新卒にしろ中途採用にしろ、自分がこの会社に応募した『動機』があります。

それを集めればいいんです。

とは言っても、社長には(人事担当者には)面と向かって言いにくい場合が多いと思います。

そんな時に役に立つのが、求人広告の営業なんです。

まともな求人屋なら、求人の原稿を作る上で材料を欲しがります。

その材料を「社員に聞いてみてくれ」と促せば、聞き出してくれます。

材料を欲しがらない求人屋なら、そこは使わない方がいいですね。

(こんな記事も書いてます↓)

まとめ

求人広告を出す目的はより良い人材を採用する事です。

そのために、たくさんの人に募集を出しているんだという事を知ってもらい、たくさんの求職者の条件に

マッチするような動機をたくさん記載する事。

それによってたくさんの方に応募してもらい、その中から良い人材をみつける。

そんな事を是非『やって』みて下さい。

(こんな記事も書いてます↓)





ピックアップ記事

  1. docomoの契約を3年間放置していたら、今とほぼ同額でiPhoneXs2台機種…
  2. 【南房総ドライブ】館山方面に行ったら参拝したいおすすめお寺3選
  3. サッカー日本代表 アジアカップ2019メンバー発表! さっそくレビューしてみた。…
  4. 【中小企業向け】超売り手市場の今、募集広告に入れるべき内容とは?
  5. 【千葉の心霊スポット】昼間なら大丈夫だと思って2か所行ってきました。

関連記事

  1. グーグルフォージョブス

    求人広告の出し方

    Google for Jobsがついにスタート!求人業界が大きく変わるかも?載せる方法も解説。

    こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。求人広告業界で長いこと営…

  2. 求人広告の出し方

    【中小企業経営者向け】求人には課題解決が詰まっている!という話。

    こんにちは。聖一朗(@sei01row)です。求人広告の営業をやってま…

  3. 広告詐欺注意!
  4. 採用と働き方

    第二新卒とは?中小企業の若手採用はここが狙い目な理由

    どうもこんにちは。聖一朗(@sei01row)です。最近、お客…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

私の奥様のブログです!

よろしくお願いします!

お問合せはコチラ

PAGE TOP